コールなかはら

歌うよろこびをともに
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012
カテゴリー  【 指揮者 鈴木与志一 】

指揮者 鈴木与志一

指揮者 鈴木与志一

鈴木与志一先生

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。武蔵野音楽大学大学院音楽研究科声楽専攻修了。福井直秋奨学金受賞。
菊池初美、高橋修一、ロゼッタ・エリィの各氏に師事。
1987年のリサイタル(音楽の友ホール)の後、イタリア・ミラノに留学する。帰国後、声楽家・合唱指導者として活動するとともに、音楽出版・制作の分野でも活躍している。「新・合唱講座-ジュニア版-」(BMGビクター)、「21世紀の合唱名曲選」(音楽之友社)などのCD、「NEWコーラスセレクション」(全日本合唱普及会)のCD及び楽譜、ショパンコンクールの歴史的映像DVD集「ワルシャワの覇者」(学習研究社)の制作などに携わる。音楽教育関連商品の企画・制作を手がけ、指揮者・歌手として参加した収録も多い。
2001年、日本の歌を中心としたアルバム「浜辺の歌」を発売(PLATZ/日本コロムビア)。愛唱名曲紀行ビデオ「こころの風景」(ユーキャンクラブ)には、「さくら貝の歌」「長崎の鐘」など、4曲が収録されている。2001年から新春コンサート「鈴木与志一 トーク&うた」を毎年開催。
04年と09年には創作オペラの会コムソベーラ(代表:越後谷慶子氏)の公演で橋本正昭氏作曲によるオペラ「忘れないで」と「アルベーロの森」に出演。08年からは、チェロとお箏とうたによるトリオ・プレザントとしての活動、アンサンブルアンビエンスへの参加などの演奏活動を続けている。
合唱に関しては、故辻正行氏の下、数多くの合唱団の指導に務める。04年から「21世紀合唱音楽祭(主催:国際芸術連盟)」においてクロスロード・アカデミー・コアの指揮者を務め、新しい合唱曲に取り組む。06年9月には台湾布農族「Lileh之聲」合唱団を招聘、10月にはポーランドから来日したアダム・ミキエビチ大学アカデミー合唱団(J.シクルスキー指揮)とクロスロード・アカデミー・コアのジョイント交歓コンサートを開催(四谷区民ホール)。
05年からは、合唱音楽コンクール「コーラスの響き」を主催(共催:学習研究社)、08年からは自身が指導している合唱団体による合唱祭「コーラスの響き」フェスティバルと隔年で開催している。10年には「コーラスの響きin秋田」を開催。
東京都合唱連盟個人会員。
「人と人をつなぐサイト 人+人」http://www.hitohito.com/
スポンサーサイト
【 2011/01/15 】 指導者プロフィール 指揮者 鈴木与志一 | TB(-) | CM(-)